プロビタス税理士法人

国際税務の税理士ならプロビタス税理士法人。外資系企業100件以上の取引実績で、税負担が軽くなる方法を国際税務の専門家が一緒に考えます。英語対応により海外親会社への税務申告、書類作成もアウトソーシングで請け負う事が可能。まずはお気軽にどうぞ。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

国際税務というのは、2つ以上の国の間で行われる取引に関わる税務のことです。税務は国が違うことによりそれぞれの国では税法が違います。そして、その国によって課税権というものがあり、税理士は国によって違う課税権の知識を学び、いくら課税出来るかについて判断します。また、国際税務というのは取引だけの問題ではありません。例えば、日本の企業間での取引だとしても、株主が海外に住んでいた場合には国際税務があてはまるのです。なぜ国際税務が必要なのかというと、ビジネスはどんどんグローバル化してきています。海外企業と取引を行う日本企業や、外資による出費も増えてきました。税務に関する複雑な計算をするためには税理士の力は必要不可欠です。税理士に求められるのは、国際税務への詳しい知識です。国際税務の知識というのは、税理士ならば誰でも身につけられるというものではありません。各国の税に関する知識を学び、理解する能力が必要となるのです。国際税務は課税の計算だけを行っているわけではありません。中には、企業に対して節税対策をアドバイスすることや、海外進出をサポートする役割を担うことも行います。国際税務が重要な理由は、日本国内だけですべての業務が完成するというわけではないからです。企業によっては海外からスタッフを招きビジネスを行う場合もあります。この場合もやはり国際税務が必要になるのです。日本が海外の企業や人と業務を提携する度に、やはり税務を管理することが必要になり、税理士の役割もまた増えてきています。税理士は、複雑な税の仕組みをよく理解して、個人や企業の税務にまつわる業務をサポートすることを必要とします。税金の申告についてのサポートや、確定申告を始めとする納税に関する計算や書類の作成を行う時には、国際税務の知識が必要になってきます。海外の企業と取引がある場合や、海外に住んでいる人とビジネス上取引があるという場合には、国際税務に詳しい税理士に頼む必要があります。
Tagged on: , 国際税務の税理士なら「プロビタス税理士法人」外資系企業・英語対応